HI-PET の成長

  • 2000
    台湾の台中大里で会社を設立。敷地面積1490㎡の工場を事業の出発点とする。

  • 2001
    台中精機350T一号機導入。プリフォーム事業を日本輸出へ展開。

  • 2006
    透明なPPプリフォームを開発。PP射出ブロー成形機とPPプリフォームを日本へ輸出。

  • 2008
    プリフォームをアメリカへ輸出開始。

  • 2011
    130g、240g、420gの大型蒸留水バケツのプリフォームを開発し、日本へ輸出成功。

  • 2015
    化粧品専用の射出ブロー成形機と洗剤&化粧品用プリフォームを開発。

  • 2018
    アメリカのTOSSWARE社と連携し、Tritanワイングラスやシャンパングラスなど、透明かつ出来栄えのいい食器を開発。

  • 2021
    バイオテクノロジー会社と連携し、一連の出来栄えのいい多色のPET医薬容器を開発、製品多様化の重要な新規商品である。

証明書

同意する